HOME > ブログ > 性病(STD) > 性器にできるヘルペスは、口にも感染するの?

性器にできるヘルペスは、口にも感染するの?

ヘルペスは、口や性器に出来る厄介な水ぶくれです。ピリピリ、チクチクとした痛痒さがあり、ひっかきたいのにひっかけないもどかしさを感じてしまう人も多い疾患です。

ヘルペスは性器と口にできることが圧倒的に多いのですが、これらは性器から口、口から性器などお互いに感染することはあるのでしょうか?また、感染拡大を予防するにはどのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

性器ヘルペスと口唇ヘルペスって違うの?

性器ヘルペスと口唇ヘルペスは、どちらも「単純ヘルペスウイルス」の感染によって起こる疾患です。

単純ヘルペスウイルスには1型と2型があり、それぞれ感染後に潜伏する場所が異なります。
  • 1型…頭部の神経→口唇ヘルペスになりやすい
  • 2型…臀部周辺の神経→性器ヘルペスになりやすい
口唇ヘルペスとは、唇やその周りに水ぶくれができ、ピリピリチクチクとした痛みや痒みが起こります。
対して、性器ヘルペスとは、性器の臀部に小さな水ぶくれができ、痛みや痒みなどの不快感や発熱が起こる病気です。
どちらも水ぶくれが破れると皮膚がただれ、強い痛みを生じ、初めて感染したときの症状が最も重く、再発のときは軽くなることが多いです。

単純ヘルペスウイルスは唾液や水疱が破れた部分の体液への接触によって感染する感染力の強い細菌ですが、一度感染すると治癒しても体内に存在し続けるため、再発を繰り返す厄介な疾患です。日本人の70%が1型の単純ヘルペスウイルスに感染していて、10%以上が2型の単純ヘルペスウイルスに感染していると言われています。

男性のヘルペス治療はこちら

女性のヘルペス治療はこちら

性器から口に感染することがあるって本当?

口唇ヘルペス、性器ヘルペスはそれぞれ「できやすい」とされる場所によって名前がついているだけで、必ずしもその場所だけにできるヘルペスというわけではありません。

例えば、性器ヘルペスに感染している人とオーラルセックスを行うことによって、性器ヘルペスが口唇にできたり、口唇ヘルペスに感染している人とオーラルセックスを行うことによって、口唇ヘルペスが性器にできるなどのこともあります

ただ、性器から口に感染することがあるのは本当ですが、再発の際に同じ場所にできるとは限りません

日常生活の中でも感染することがある?

口唇ヘルペスを発症した人は、唾液や水ぶくれの中にウイルスが大量に含まれていることがあります。その状態で軽くでもキスをしたり、コップやタオルなどを共有すると、唾液や体液を介して周囲の人に感染が拡大してしまうことがあります。

特に、母親が口唇ヘルペスを発症している場合、子供と食器を共用したりこぼしたものを指で拭ったりすることで意図せず感染させてしまうことがあるので注意しましょう。

無症状のときにうつることも

性器にヘルペスの症状である潰瘍・発赤・疼痛などがある場合、コンドームを使わない性行為でパートナーにウイルスを感染させてしまうことがあり、症状がない場合でも単純ヘルペスウイルスは皮膚や粘膜に出ていることがあるので感染の可能性はあります。

つまり、単純ヘルペスウイルスに感染したことがある保菌者の場合、病変や自覚症状がなくても常に性行為によってパートナーを感染させてしまう可能性があるということです。

感染させない、感染しないための対策として、まずは症状が出現しているときの性行為は必ず避け流ようにしてください。症状がない時期でも、コンドームを使うことで感染リスクを下げることができますので、性行為をするときは必ずコンドームを使いましょう。

ただ、症状が出ているときのキスや食器の共用には注意する必要がありますが、基本的にはヘルペスウイルスは、家庭内で一緒に通常の日常生活を送っているだけでは感染することはほとんどない。ので、必要以上に神経質になる必要もありません。

性器ヘルペスは治療できるの?

単純ヘルペスウイルスは、2週間〜3週間の症状出現後、いったん表面上は治癒します。しかし、ウイルス自体は「神経節」という体内の深部に潜伏しています。
そして、疲労やストレスなどで体の免疫機能が低下すると、再び体表面に出てきて増殖し、再発することがあります。

現状、神経節に潜んでいる単純ヘルペスウイルスを完全に除去できる治療薬はありません。しかし、抗ウイルス薬を使うことで体表面に出てきたウイルスの増殖を抑え、症状を早めに改善することはできます
さらに、再発を繰り返しやすい体質の人(だいたい年に6回以上)には、再発抑制療法という治療法が適応となることもあります。

再発抑制療法とは、症状がないときも抗ウイルス薬を毎日内服し続ける治療法です。抗ウイルス薬によってウイルスの増殖を抑え、症状の再発を抑える方法です。再発頻度が高く困っているという場合は、この療法の適応となることもありますので、医師に相談してみましょう。

性器ヘルペスは、生命にかかわる疾患ではありませんが、常に再発のリスクがある疾患です。症状が出ているときは性行為を避け、症状が出ていないときでもできるだけコンドームを使用するなど、パートナーを感染させないような配慮を忘れないようにしましょう。

男性のヘルペス治療はこちら

女性のヘルペス治療はこちら

おわりに:性器ヘルペスが口を介して感染することもある

性器ヘルペス・口唇ヘルペスは、それぞれ原因となっているウイルスが違います。しかし、これらは発症しやすい場所による名前であり、その場所にしか発症しないわけではなく、性行為によって性器から口へと感染することもあります。

性器ヘルペスは再発する疾患であり、他人に感染する病気です。パートナーに感染させないよう、症状が出ているときには特に気をつけましょう。