HIV/AIDS

HOME > 性病別 > HIV/AIDS

HIV/AIDSとは

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染し、病気が進行すると免疫力が著しく低下します。免疫力が低下し、様々な疾患を引き起こした状態をエイズ(AIDS:後天性免疫不全症候群)と言います。日本では毎年1,500人ほどが新規感染しており、特に男性同士間性的接触がリスクと言われています。

性行為により感染(日常生活での感染はありません)し、基本的には、HIV(エイズウイルス)を含む血液、精液、膣分泌液に多く含まれていて、感染源となり粘膜や目に見えない傷から感染します。
相手の粘膜部分(口の中、ペニス、尿道、膣、直腸など)や傷口などから感染の可能性があり、主な感染経路は、性行為・母子感染・注射器の回し打ちなど血液を介して感染します。
そのため性行為以外の日常的な接触での感染や空気感染、食物からの感染はありません。

HIV/AIDSの症状

HIV/AIDSは、感染初期・無症候期、感染期に分けられ、HIVに感染後2~6週間の間に初期症状として何らかの症状(発熱(96%)、リンパ節腫脹(74%)、咽頭炎(70%)、皮疹(70%)、筋肉痛・関節痛(54%)、頭痛(32%)、下痢(32%)、嘔気・嘔吐(27%))が認められます。
無症候期では、初期症状が消失し感染期まで数年から十数年の期間があります。
感染期では免疫機能が破綻し、日和見感染と呼ばれる通常感染することのない感染力が弱い病原体からの感染を認めるようになります。

感染初期

・発熱・喉の痛み・筋肉痛など風邪のような症状が出ることがあります。
・無症状のこともあります。

無症候期

・5~10年間全く症状のない時期が続きます。
・この間に免疫を担うリンパ球が減少していきます。

発症期

・しつこい下痢や酷い寝汗、急激な体重減少などを認めます。
・通常感染しないような細菌やウイルス、真菌(カビ)に感染します。

HIV/AIDSのよくある質問

感染からどのくらいで症状が認められますか?

感染して数週間で風邪のような症状を認めることがあります。性行為の後にそのような症状が見られてご心配される方が多いようですが、当然他の疾患でも風邪のような症状は見られます。ご安心いただくためにもまずは検査していただくことが大切です。

検査はいつごろからできますか?

検査方法にもよりますが、基本的には心当たりから2ヶ月後から検査が可能です。

自然に治ることはないのでしょうか?

無治療で自然治癒することはありません。また、現在のところHIV/AIDSを完治させる治療はなく、発症を抑えるお薬を使用することとなります。

検査はどのように行いますか?

男性、女性とも血液検査を行います。

検査結果を知るために再度来院する必要はありますか?

お電話かWebからお知らせいたしますのでご来院していただく必要はございません。

検査方法

男性、女性ともに採血を行います。

当院での治療

当院で治療は行なっておりません。専門の医療機関への紹介状を無料で発行いたします。

HIV/AIDSの検査料金

HIV CLEIA法検査 検査結果 2~3日後
検査料金 4,500円(税別)

早期発見によって発症を抑えることのできるHIV/AIDS。
感染力は弱く、誰もがかかる病気ではありませんが、ご不安を解消するには検査をするしかありません。まずは勇気を持って検査をしていただくことをお勧めいたします。
当院ではスマホを用いて診察、検査キット・治療薬郵送のオンライン診療サービスも大変ご好評いただいています。
「クリニックに行くのが恥ずかしい」「忙しくてクリニックに行く暇がない」という方はご自宅から受診可能なオンライン診療をぜひご利用ください。