尖圭コンジローマ

HOME > 性病別 > 尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマとは

尖圭コンジローマは、性器や肛門周囲にカリフラワーや鶏のトサカのようなイボができる病気です。
大きさや発生部位にもよりますが基本的には痛みや痒みはありません。

性器にできるイボとして「真珠様丘疹」や「フォアダイス」と呼ばれる特に治療の必要がないものや「伝染性軟属腫(いわゆる水いぼ)」などもあるので鑑別が必要です。

尖圭コンジローマのよくある質問

感染からどのくらいで症状が認められますか?

3週〜8ヶ月(平均2.8ヶ月)の潜伏期があると言われています。

検査はいつごろからできますか?

診断は感染機会の有無と、特徴的なイボの視診によって診断します。

自然に治ることはないのでしょうか?

自然治癒することもありますが、放置して悪化してしまうと手術が必要になることもあります。

治療にはどの程度時間がかかりますか?

クリームを患部に塗布します。イボが消失するまで最長で16週間まで使用します。

検査はどのように行いますか?

男性のみ視診で行います。女性器の視診は行なっておりませんのでご了承ください。

検査方法

男性のみ視診で行います。女性器の視診は行なっておりませんのでご了承ください。

当院での治療

クリームのお薬を隔日週3日間使用します。イボが消失するまで最大16週間使用します。イボの大きさによっては外科的切除も必要となりますので、その場合は外科施術が可能な医療機関をご紹介いたします。

尖圭コンジローマの検査料金

治療料金 9,000円(税別)~

即日に検査結果のわかるスピードチェックを実施しております。
また、当院ではスマホを用いて診察、検査キット・治療薬郵送のオンライン診療サービスも大変ご好評いただいています。
「クリニックに行くのが恥ずかしい」「忙しくてクリニックに行く暇がない」という方はご自宅から受診可能なオンライン診療をぜひご利用ください。