咽頭淋病(淋菌感染症)

HOME > 性病別 > 咽頭淋病(淋菌感染症)

咽頭淋病(淋菌感染症)とは

オーラルセックスにより咽頭(のど)に淋菌が感染してしまうことがあります。

オーラルセックスでの感染が拡大しており、気づかないままに他の人へ感染を広げている場合があります。
耳鼻科を受診されてもルーティンで検査されることは少なく見逃されている場合がほとんどです。性器への感染がなくとも咽頭に感染している症例も多く、心当たりのある方は検査が必要です。

潜伏期間は2〜7日で、症状が軽く気がつかないことも多いです。風邪と勘違いしてそのままにしてしまうと、悪化して咽頭炎・扁桃腺炎などの病気を引き起こすこともあります。

男性の症状はこちらからご確認ください >

咽頭淋病(淋菌感染症)の症状

のどの症状

・のどの痛み
・咳、痰、発熱などの風邪のような症状

でも無症状のことが多いので注意!

なお、淋病はのどだけでなく陰部にも発症する病気です。淋病の症状はこちらからご確認ください

咽頭淋病の原因

咽頭へ淋菌という病原体が感染することで起こります。オーラルセックスでの感染が多く、ディープキスでも感染します。

咽頭淋病の予防方法

オーラルセックスの際にも、コンドームを使用することで感染予防になります。

セックスやアナルセックスを含め、性的接触時には、コンドームを最初から最後まで外さず正しく使用します。

ただし、コンドームは100%感染を防げるわけではありませんので、性行為の際はお互いに感染していないことを検査・確認することも大切です。

咽頭淋病の感染経路

淋菌が精液や膣分泌液によって、咽頭に付着することで感染します。キスやオーラルセックスでも、感染の可能性があります。

性器以外でも、粘膜同士の接触や、分泌物の接触がある性行為によって感染するため、肛門、直腸などからも感染します。

咽頭淋病を放置した場合

咽頭淋病は自然治癒することはありません。
放置すると咽頭炎・扁桃腺炎を引き起こすことがあります。

咽頭淋病とよく似ている症状

咽頭淋病(淋菌感染症)のよくある質問

咽頭淋病は何科を受診すればいいのでしょうか?

咽頭淋病の症状がみられる場合は、性病科や、性病専門の病院を受診します。

通常、のどに違和感がある場合、耳鼻科(耳鼻咽喉科)や内科の受診を検討すると思います。

しかし、耳鼻科(耳鼻咽喉科)や内科でルーティンで性病検査されることは少なく、見逃される場合がほとんどです。

また、風邪と診断され、咽頭淋病の治療が遅れてしまうケースもあります。
咽頭淋病が疑われる場合は、最初から性病専門の病院にかかることをおすすめします。

咽頭クラミジアとの違いはなんですか?

咽頭淋病、咽頭クラミジアともに、キスやオーラルセックスなどの口腔性交によってのどに感染します。

どちらも症状はのどの痛みや不快感などがみられますが、無症状のことも多く、症状だけでどちらに感染しているか判断することは困難です。

また、咽頭淋病と咽頭クラミジアはお薬や治療方法も異なりますので、適切な治療のためにもまずは検査が必要です。

検査はいつごろからできますか?

感染の機会からすぐに調べられます。

自然に治ることはないのでしょうか?

お薬を使用しない限り治癒することはありません。

咽頭淋病はキスで感染しますか?

咽頭淋病はキスやオーラルセックスなどの口腔性交によって、のどに感染します。 通常のキスよりディープキスのほうが感染率が高くなります。

扁桃炎と咽頭淋病に違いはありますか?

扁桃炎(扁桃腺炎)は、ウイルスや細菌が原因で炎症を起こすものです。

扁桃炎も熱や風邪のような症状など、咽頭淋病と似たような症状があり、症状で扁桃炎か咽頭淋病か判断するのは困難です。

また、咽頭淋病に気づかず放置して悪化すると、扁桃炎を発症してしまう場合もあります。まずは早めに性病検査をしてみることをおすすめします。

治療にかかる期間はどのくらいですか?

お薬を使用していただくと数日で症状が改善することがほとんどですが、耐性菌※や他の病気を重複している場合など治癒しないこともあります。治療の効果判定のために2週間以上あけて再検査してください。

※薬が効かない菌

検査結果を知るために再度来院する必要はありますか?

Webから検査結果が確認できるのでご来院していただく必要はございません。

パートナーが感染していたためお薬の処方だけしてほしいのですが可能ですか?

医師が問診させていただいた上で問題なければお薬のみ処方することも可能です。

検査方法

男性・女性ともにうがい液またはのどの粘膜を採取して行います。

当院での治療

アレルギーの有無などに応じて、腕に点滴/注射での治療または飲み薬を処方いたします。
淋菌はお薬の効かない耐性菌が数多く存在しており、クラミジアに比べて治療に難渋することがあります。

お薬が効けば数日以内に症状は改善します。

治癒したかどうかの検査がとても重要になるため、治療2週間以上経過してからの再検査をおすすめします。

咽頭淋病(淋菌感染症)の検査料金

のど淋菌精密検査 検査結果 2~3日後
検査料金 4,500円(税別)
のど淋菌・クラミジア検査セット 検査結果 2~3日後
検査料金 8,500円(税別)
淋菌・クラミジア・のど淋菌・のどクラミジア検査セット 検査結果 2~3日後
検査料金 16,500円(税別)
治療料金 9,000円(税別)

オーラルセックスでの感染が拡大しており、気づかないままに他の人へ感染を広げている可能性のある咽頭淋病。
まずは勇気を出して検査をすることが大切です。
また、当院ではスマホを用いて診察、検査キット・治療薬郵送のオンライン診療サービスも大変ご好評いただいています。
「クリニックに行くのが恥ずかしい」「忙しくてクリニックに行く暇がない」という方はご自宅から受診可能なオンライン診療をぜひご利用ください。