薄毛(AGA)治療

HOME > 薄毛(AGA)治療 > 薄毛(AGA)治療

薄毛(AGA)治療

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略称で「男性型脱毛症」の意味です。思春期以降、額の生え際や頭頂部の髪の毛が徐々に薄くなっていく状態を言います。

  • 思春期以降に始まり、徐々に進行する。
  • 額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方からうすくなり、進行する。
  • うぶ毛のような十分に育たない髪の毛が多くなる。
  • 太くしっかりとした髪の毛が、細く短めの髪の毛になり、頭皮が透けて見えるようになる。

上記のような症状を認める方はAGAの可能性があります。

AGAの原因物質

AGAの原因物質はジヒドロステン(DHT)と呼ばれるホルモンで、ヘアサイクルの成長期を短くしてしまうと言われています。下図のようにDHTは男性ホルモンの一種である「テストロテン」が「5α-還元酵素」という酵素と結びつくことで生み出されます。

ヘアサイクルとは?

人間の髪の毛は一定の周期で生まれ変わっており、これを毛周期( ヘアサイクル)と呼びます。
毛周期(へアサイクル)は
・髪がぐんぐん成長する「成長期」
・髪の成長が減速する「退行期」
・髪が抜ける「休止期」

に分けられます。

AGAではこの「成長期」がDHTにより短くなってしまうのです。
AGAでは本来2年〜6年ある成長期がDHTの影響で ”ブレーキ” がかかり、数ヶ月〜1年程度と短くなるため、髪の毛が十分に成長しません。
退行期・休止期に移行した髪の割合が増加することで、結果として抜け毛が増加し、細く短い毛髪が増えることによって。薄毛がどんどん進行していくのです。
これがAGAが原因の場合の、薄毛のメカニズムになります。

AGAの治療について

※医療広告ガイドラインの規定により、AGA治療薬の具体的な薬剤名をホームページに掲載できません。患者様にはご不便おかけして申し訳ございませんがご了承ください。

フィナステリド配合薬 1ヶ月分 8000円

フィナステリドはAGAの原因となるDHTの産生を阻害することで抜け毛を減らし、AGAの進行を抑制する効果があります。
1日1錠内服していただき、6ヶ月以上内服を継続することで抜け毛の減少や毛髪のボリュームの増大を実感いただけます。

デュタステリド配合薬 1ヶ月分 12000円

フィナステリド同様にDHT産生に関わる5α還元酵素の働きを阻害します。フィナステリドが5α還元酵素の2型のみを阻害するのに対して、デュタステリドは1型と2型を阻害します。
これによりフィナステリドより高い脱毛抑制効果があると言われており、フィナステリドで効果が実感できない方がヂュタステリドへ切り替えることで

ミノキシジル配合薬 1ヶ月分 10000円

ミノキシジルはフィナステリド・デュタステリドと異なり、毛乳頭や毛母細胞に働きかけ発毛を活性化する作用があります。フィナステリド・デュダステリドが薄毛予防・進行抑制のお薬だとすればミノキシジルは発毛力を促進させる効果があります。フィナステリド・デュタステリドと併用することで高い発毛効果が期待できます。

亜鉛・ミネラルサプリメント 1ヶ月分 5000円

亜鉛は髪の毛の90%を占めるケラチン合成の役割を担う効果があり、亜鉛が体内に不足してしまうと、髪の毛が生成できない(新しい髪の毛が生えてこない)ということが言えます。また、AGAの原因となる5αリダクターゼ酵素を抑制する効果もあり、AGA治療に必須のミネラルです。食事からAGA治療に十分な亜鉛を毎日摂取することはなかなか難しく、サプリメントで補給していくことが必要です。

メソセラピー(注入量・料金はご相談ください)

歯の神経である歯髄から取り出された幹細胞には歯髄幹細胞が豊富に含まれています。この幹細胞は細胞自体が若いため、幹細胞自体の損傷がなく、組織再生能力が非常に高いことで知られています。幹細胞が培養される過程で放出されるサイトカイン、成長因子を頭皮に直接注入することにより、髪の成長サイクルを正常化し発毛を実現します。まずはご相談ください。